2010年05月31日

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)

 壁面緑化のために東京・大手町のオフィスビルがバラで覆われている。

 人材サービスのパソナグループ本部ビルでは、今年初めて壁面緑化にバラを使用。9階建てのビルが約500株のバラで覆われている。オフィス街を行き交う会社員らも思わず足を止めるほどで、パソナ広報の藤巻智志さんは「ビルにいる社員も、通りかかった人もバラに癒やされてほしい」。見ごろは6月中旬まで。

二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
大久保被告の弁護人が特別抗告(産経新聞)
エース「忠富士」殺処分、関係者に衝撃広がる(読売新聞)
コースター乗車の小6骨折=「安全バーに顔ぶつけた」―志摩スペイン村・三重(時事通信)
「稚拙だった」 防衛政務官、普天間対応のまずさ認める(産経新聞)
posted by ナカザワ マサミ at 19:15| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

諫早湾開門求め海上パレード=有明海沿岸4県の漁業者ら―長崎(時事通信)

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり、赤松広隆農林水産相が近く、潮受け堤防排水門の開門調査について是非を判断することを受け、排水門の早期開門を求める有明海沿岸4県(長崎、佐賀、熊本、福岡)の漁業者らが18日、湾内で漁船100隻規模の海上パレードを行った。
 パレードは開門を求めて訴えている訴訟の原告の漁民らが主催。早期開門を求める農水相あての要請書を船上で読み上げ、代表者らが決意表明した。白いペンキで「即時開門農漁共存」と書いたブルーシートを並んだ漁船で引っ張りながら掲げ、開門調査が農業と漁業双方を両立させる方法だとアピールした。 

【関連ニュース】
諫早湾開門は「断固阻止」=2000人総決起集会を開催
諫早開門、地元に説明を=農水相に要請
諫早干拓、「開門が適当」=赤松農水相に報告書
高裁裁判官が現地視察=諫早湾干拓めぐる2訴訟
諫早干拓、中長期開門へ=有明海の環境影響を調査

小掛照二さん 東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
<バラ>甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
陸山会事件 小沢氏、3度目聴取 「起訴相当」で再捜査(毎日新聞)
<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)
「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
posted by ナカザワ マサミ at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。