2010年04月13日

どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に(産経新聞)

 国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」で長期間、無重力などの状態で保管された種子から栽培した日本初の「宇宙カボチャ」が堺市中区の大阪府立大学で収穫された。収穫したカボチャの種子は、全国の学校に配布され育てられる。

 宇宙カボチャは、通称おもちゃカボチャといわれている観賞用。事業は国際総合企画(本社・東京都)が子供たちの宇宙への夢を育てようと企画した。

 種子は一昨年11月にスペースシャトル「エンデバー」で、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」に運ばれ、宇宙空間に約8カ月“滞在”。昨年7月に宇宙飛行士の若田光一さんとともに“帰還”した。

 同社は、栽培を全国の大学研究機関に委託。府大では「早く子供たちに届けたい」と、種子が届いた昨年12月、温室に10粒の種子をまき、一番早い収穫をめざした。

 育った10本の苗には「アース(地球)」や「ビーナス(水星)」など、太陽系の惑星名をニックネームとして付けて栽培を続けた。3月にはそれぞれ直径約5〜10センチの実5〜8個がなり、実からは約30〜100粒の種子がとれた。

 栽培を担当した同大大学院の小田雅行教授(植物繁殖学)は「宇宙環境に置かれても、種子自体には変化は見られなかった。将来宇宙で食用カボチャを栽培できる可能性もできる」と期待している。

 種子は全国の小学校などで栽培。変化が現れるか観察してもらうという。問い合わせは国際総合企画((電)03・3251・3221)へ。

【関連記事】
宇宙で子づくり難しい可能性も
山崎さん搭乗シャトル打ち上げ 日本人女性2人目
空中カボチャ?出荷準備
山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き
墨汁垂れない宇宙でどう揮毫? 若田さんが山梨・身延町に書を贈呈、胸熱くするセレモニー
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<立教大生殺害>警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める(毎日新聞)
「国会見たい」急増 ネット視聴最多に 昨年のアクセス数1.5倍、379万件(産経新聞)
JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
posted by ナカザワ マサミ at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)

 6日から始まる春の全国交通安全運動を前に、大塚署は2日、事故にあいやすい高齢者を対象とした交通安全教室を文京区の「文京区福祉センター」で開いた。

 冒頭、同署の井関寛署長は、参加した高齢者約100人を前に、「学んだ講習の内容は、周りの友達にも紹介してください」とあいさつ。

 その後、参加者は実際に自転車に乗り、S字走行でバランス感覚を確認したり、会場に設けられた疑似交差点で正しい安全確認の方法を学んだりした。

 参加者の文京区大塚、無職、石沢申吉さん(77)は「普段から自転車に乗っているので慣れっこになっている部分がある。確認する意味で教室に参加してよかった」と話した。

【関連記事】
認知症の運転中止 家族向けマニュアル作成
なぜ減らぬ高齢者死亡事故 「使い慣れた道」に油断、体力の衰え自覚せず
高齢者事故防止「脳トレ」 交通死5年連続最多…愛知県警が開発
運転免許返納で全路線バス半額 岡山県、65歳以上を対象
冬の温泉事故を防ごう 60代以上は要注意 大半は心筋梗塞や脳梗塞

首相の指導力強調=郵政改革案決着で−亀井担当相(時事通信)
<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)
<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
posted by ナカザワ マサミ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無期懲役が確定し、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審判決公判が26日午前10時から、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、無罪が言い渡された。

<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ−厚労省(時事通信)
日韓、教科書記述に溝…第2期歴史研究(読売新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化−警察庁(時事通信)
posted by ナカザワ マサミ at 04:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。