2010年02月26日

米司法省、EUも立ち入り=自動車配線カルテル、デンソーなど(時事通信)

 【ニューヨーク時事】米司法省は24日、デンソーなどの日本の自動車部品メーカーがカルテルを結んでいた疑いがあるとして、調査を開始したことを明らかにした。調査を受けているのはデンソー、矢崎総業、東海理化の米子会社3社で、米連邦捜査局(FBI)が23日夕、立ち入り検査を実施した。また、欧州連合(EU)の欧州委員会も同様の容疑で、矢崎総業の現地法人など数社の調査を開始したことも関係者の話で分かった。
 問題となっているのは、いずれもトヨタ自動車などメーカー向けの部品で、「ワイヤハーネス」という車内用配線などとみられる。米当局者によると、「調査はトヨタ自動車のリコール(回収・無償修理)問題とは無関係」としている。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】トヨタ プリウス
公聴会の「対決」、破格の扱い=報道陣200人超
デンソーなど3社を立ち入り検査=自動車部品でカルテルの疑い
安全最優先を約束=電子制御「設計上問題ない」

死因究明、現時点で法案化するなら「民主党案」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)
遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
<鳩山首相>政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
ケニアの地熱発電を支援=鳩山首相(時事通信)
艦載機の岩国移設は「変更なし」北沢防衛相が地元に説明(産経新聞)
posted by ナカザワ マサミ at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。