4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)

 4歳だった長男の手足を縛り衣装ケースに閉じ込めて死なせたなどとして、逮捕監禁致死と死体遺棄の罪に問われた無職大塚美由紀被告(34)の裁判員裁判の判決で、神戸地裁姫路支部(五十嵐常之裁判長)は18日、懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。
 判決は、「唯一の親権者である母親としての自覚が感じられない」と指摘した一方、「(共謀の夫に)逆らえば追い出されて子供たちと路頭に迷うと考えたことはある程度同情の余地がある」などとした。
 判決後の記者会見で、60代の男性裁判員は美由紀被告について「法廷でのやりとりを見て、『反論しない人』という印象を受けた。人の言いなりになるのではなく、今後は強い母親として生きてほしい」と話した。
 判決によると、大塚被告は再婚した夫の竜受刑者(35)=懲役9年6月確定=と共謀。2007年7月13日、兵庫県小野市の自宅で長男颯太ちゃんの両手足をロープで縛り、プラスチック製の衣装ケースに閉じ込め、熱中症で死亡させた。その後、颯太ちゃんの遺体をビニール袋に包んで冷蔵庫に隠した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及

通学途中の小2女児、サルにかまれけが(読売新聞)
<鳩山首相>日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示(毎日新聞)
<告訴>ノリタケが子会社元従業員を 約4億円横領容疑で(毎日新聞)
小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
posted by ナカザワ マサミ at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徹底対決!民主が“検察リーク”対策チーム 小沢氏関連事件(産経新聞)

 民主党は18日、党役員会と常任幹事会を開き、党内に「捜査情報の漏洩(ろうえい)問題対策」、「政治資金対策」、「参院選マニフェスト検討」の3チームを新たに立ち上げることを決めた。「捜査情報の漏洩問題対策チーム」は、「検察から情報漏洩が本当にあるのか、法的にどうなのかなどを調べる」(奥村展三総務委員長)。責任者は小川敏夫広報委員長が務める。

 対策チームの設置について、奥村氏は「今回の小沢(一郎幹事長)問題とは別」と説明している。

 「政治資金対策チーム」は「政治改革推進本部」の中に設置する予定で、同推進本部の海江田万里事務局長を中心に企業団体献金のあり方などを検討する。

 「参院選マニフェスト検討チーム(責任者・細野豪志組織委員長)」は、政府の国家戦略室と連携しながらマニフェスト作成を検討していくという。

<防衛省>「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書(毎日新聞)
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走−千葉・市川(時事通信)
野党3党「政治とカネ」集中審議要求で一致(読売新聞)
カンザキハナナ 琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
<渡部恒三氏>外国人選挙権は議員立法で(毎日新聞)
posted by ナカザワ マサミ at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。